現場だより

構造の接合部をより美しく!!

3月3日のひな祭りの建て方工事。
今回のチャレンジは木と木の接合部。
基本接合部は金物工法を用いているんですが
ホームコネクタ工法という技術で木材の接合部
を強く美しくみせる方法です。

 

 

 

中空の金物と接着剤で構造材同士をくっつけていきます。

はじめての工法でもあるので
先週みんなで体験勉強も実施。
接合強度もかなりよく
鉄やコンクリートと木の接合も
出来るということなのでいろいろ
応用が利きそうです。
木材の断面欠損がかなり少なく済み、なにより接合部の見えがかりが美しいのです。

初めての工法で段取りの心配がありましたが
現場の方は無事上棟を迎えられました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です